スポンサーリンク

節約レシピ|豆腐で超かさ増し!ふわっふわ豆腐つくねレシピ

スポンサーリンク
メイン料理

今回は豆腐を使った節約レシピをご紹介。
ご飯のおかずやお酒のつまみにも!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふわっふわ豆腐つくねレシピ

調理難易度
★★★☆☆(焼くのが少し大変)

材料調達難易度
★★☆☆☆(スーパーで大体揃う)

コスト
★☆☆☆☆(1人前30円程度)

調理時間目安
約30分程度

材料(2人分)

 

ひき肉(豚or鶏) ・・・50g
豆腐       ・・・150g
塩(鶏ガラ)   ・・・小さじ1/2(大さじ1/2)
ショウガ     ・・・少々
卵        ・・・1個
片栗粉      ・・・小さじ1

作る手順

  1. 下準備
    豆腐の水気を拭き取ってキッチンペーパーなどで包み、軽く水切りしておきます。
    卵を卵黄と卵白に分けておきます。
    ショウガをすりおろしておきます。

    POINT

    ・豆腐の水切りはそこまでしっかりしなくてOK

  2. ボウルに卵白以外の材料を全て入れてしっかりと混ぜ合わせておきます。
    豆腐の形が多少残っていてもある程度の粘りが出ればOKです。今回は豚ひき肉で作っていますが、鶏でも美味しく出来ます
    鶏ひき肉にする場合は塩を入れずに鶏ガラを塩の分量の3倍程度入れてみてください。
    鶏肉の味がしっかり出て、すっごく美味しくなりますよ!

    POINT

    ・片栗粉の代わりに長芋をすって入れるとふんわり感UPします!

  3. 卵白を泡立て機などを使ってメレンゲ状にしていきます。
    画像のようにしっかりツノが立つまでやるのが理想的

    POINT

    ・メレンゲを上手に作るポイントは卵白以外の物質を入れないことです。
    メレンゲを作るボウルは事前に綺麗にしておきましょう。
    (お菓子で使う場合は砂糖を入れます。というか入れた方がいいメレンゲになるんですが、それはまた別のお話)

  4. メレンゲをタネに混ぜていきます。
    一度に混ぜずに3回程度に分けて混ぜます。
    3回目はメレンゲの泡を潰さないイメージで優しく混ぜてあげてください。
  5. 手に油をつけてお好きな形に成形し、フライパンで焼いていきます。油を多めにしき、火力は中火で焼き始め片側がキツネ色になったらひっくり返して蓋をして蒸し焼きにします。
  6. 焼けたら盛りつけて完成!

豆腐つくねはアレンジが自由自在!

豆腐つくねはふわふわ食感と値段の安さが最大の魅力的ですが「多種多様なアレンジができる」ことも大きな魅力のひとつなんです。(つくね料理全般に言えることだけど)
簡単にですが私がパッと思いついたアレンジを簡単にまとめてみました。

豆腐つくねアレンジまとめ

鶏つくね(居酒屋風)

肉を鶏肉にして醤油×みりん×お砂糖で甘からダレを作り絡めておきます。
食べる前に卵黄をつけて食べると最高!
軟骨を細かく切って入れれば居酒屋感UP!!

食感が楽しい根菜ミックス

肉はどちらでもOK(豚肉推奨)で粗みじんにしたレンコン、ゴボウ、ニンジンなどを入れて作ります。
甘からダレかポン酢が合います。

ひじきを入れれば栄養価もグググーーーンとUP!!

鉄板の豚×大葉チーズ

肉は豚肉推奨で大葉とチーズを刻んで入れるか、中央部分に入れて焼きます。
豚肉×大葉チーズの相性はバッチリ!
チーズのコクと大葉のサッパリ感が豚肉と良く合います。

タレは甘めの醤油ベースタレかポン酢に少量砂糖を混ぜたものが合います!

レンコンで挟んであげれば別の料理に!?

肉はどちらでもOK
出来上がったタネをレンコンで挟んで片栗粉をまぶしてあげればまた別の料理に早変わり。
ポン酢が相性バツグン!

 

多めに作って残りはおでんに!?

肉はどちらでもOK
残ったつくね(タレに絡める前の状態)を出汁につけて一晩たてばつくねおでんの出来上がり!
大根やちくわ、コンニャクなどを一緒に入れておけばそれだけで明日の夕食の1品に!

まとめ

  • 豆腐でかさ増しして超激安に
  • 豆腐とメレンゲでふわっふわ食感に
  • アレンジしやすすぎて夕飯に引っ張りだこ

今回は豆腐つくねをご紹介してきましたが、いかがでしたか。
圧倒的な安さとそのアレンジのしやすさは主婦の味方!!
まだ豆腐つくねを作ったことのない方はぜひ一度作ってみてください。
リピしたくなることうけあいです!!

タイトルとURLをコピーしました