スポンサーリンク

圧力鍋でイワシの煮つけ|身がふっくら柔らかなイワシの煮つけレシピ

スポンサーリンク
イワシの煮つけ メイン料理

煮魚の定番イワシの煮つけ。
今回は圧力鍋を使って、イワシの身はふんわりと骨はホロホロに美味しく食べれるレシピをご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イワシの煮つけの作り方

調理難易度
★★★☆☆(比較的簡単)

材料調達難易度
★★☆☆☆(スーパーで大体揃う)

コスト
★★☆☆☆(1人前約150円)

調理時間目安
約1時間30分(味をしみ込ませる為の時間含む)

材料(2人分)

 

イワシ  ・・・4~6尾(大~中サイズ)
ショウガ ・・・ひとかけ
水    ・・・300ml
お酒   ・・・100ml
砂糖   ・・・大さじ3
みりん  ・・・大さじ3
醤油   ・・・大さじ7
お酢   ・・・大さじ2
※圧力鍋を使ったレシピになります。

作る手順

  1. ショウガを千切りor薄切りにカットしておく。
  2. 包丁の背でウロコを取ったら頭と背ビレ尾ヒレ、はらわたを取ってしっかりと流水で洗いキッチンペーパーなどで水気を取ります。

    POINT

    ・細かなところだけど背ビレと尾ヒレを除去しておくことで生臭さを軽減させることができます。

  3. イワシをお好みのサイズにカットします。
    ※カットせずに丸ごと煮てもOKですが、その場合は切り込みを入れるようにしましょう。
    そうすることで中骨が柔らかくなりやすく、味もしみ込みやすくなります。
  4. 水300ml、お酒100ml、砂糖大さじ3、みりん大さじ3、醤油大さじ7、お酢大さじ2を圧力鍋に入れて味をみます。
    ※少し醤油が強い配合になっているのでその場合はお酒とみりんで調整してください。

    POINT

    ・今回のレシピは煮汁をあまり煮詰めないので事前に濃いめの煮汁の配合になっています。
    ・お酢を入れることによって骨までホロホロになります。

  5. 煮汁の味が決まったら、温める前にイワシを入れて強火にかけます
    沸騰したら灰汁を取り、一度火を消します。蓋をして加圧します。
    低圧で20分、普通圧で5~10分、高圧で5分を目安に加圧してくださいね。
    加圧が終ったら火を止め自然に圧が抜けるまで放置

    POINT

    ・煮崩れ防止とお酒の利点を最大限生かすために水から煮始めます。
    ・余裕があればイワシを煮汁に入れる前に沸騰したお湯をかけ、霜降り状態にしておくといいです。

  6. 煮汁の味をみて良ければそのまま1時間程放置して冷まします。
    身をふっくらさせるために余計な火は入れないのでさっぱり目の味付けに仕上がります。
    濃いめのこっくりとした味わいが好きな方は弱火で沸騰させないよう気を付けて煮詰めてくださいね。
    ※時間が無い場合は一度イワシを取り出してから加熱すれば沸騰させるくらい火を強くしてもOKです。

    POINT

    ・余分な加熱は身がパサついたり煮崩れの原因になるので煮詰める時は弱火で。
    冷める時に味がしみ込むのでしっかり冷まして味をしみ込ませます。

  7. 食べる前に温めて完成!
    イワシの煮つけ

    POINT

    ・ここでも沸騰させないように注意しよう

まとめ

  • お酢を入れて骨までしっかりホロホロに
  • あまり火を入れずにふっくらふわふわ食感に
  • 一度しっかり冷ますことでそこまで煮詰めなくてもしっかりした味付けに

今回は圧力鍋を使ったイワシの煮つけのレシピをご紹介させていただきました。
余計な火を入れずに、身をふっくら仕上げることを意識しているので「いつも身がパサパサになる」と悩んでいる人は是非試してみてください!

 

↓魚の生臭さの原因や改善方法↓

タイトルとURLをコピーしました