スポンサーリンク

何度でもリピしたくなる鶏レバーのパテレシピ

スポンサーリンク
メイン料理

香味野菜の甘みと生クリームのコクがレバーとの相性バツグン!

ミキサーがあれば簡単に作れて、いっぱい使えるから贅沢な気分を味わえますよ。

丁寧な下処理と高温に注意することでお店の味にも負けない一品に仕上がります。

お家で本格パテの味を堪能しちゃってください!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鶏レバーのパテレシピ

調理難易度
★★★☆☆(ミキサーが必要)

材料調達難易度
★★☆☆☆(スーパーで大体揃う)

コスト
★★☆☆☆(1人前100円程度)

調理時間目安
約40分程度(実際の作業時間のみ)

材料

 

鶏レバー     ・・・100~130g
玉ねぎ      ・・・1/4
人参       ・・・1/4
セロリ      ・・・1/4
オリーブオイル  ・・・大さじ1
ニンニク     ・・・1/2片
白ワイン     ・・・50ml
生クリーム    ・・・50~70ml
バター      ・・・10g
ローリエ     ・・・1枚
塩        ・・・少々
バジル      ・・・少々
牛乳       ・・・50ml

作る手順

  1. 鶏レバーの下処理を行います。
    白い筋の部分を目安にレバーを切り、中の血を流水で洗い流していきます。
    無理をしない程度に筋の部分も除去します。

    POINT

    ・少しくらい身がボロボロになってもいいので出来るだけ丁寧に血を取り除きましょう。

  2. 牛乳50mlと水50ml塩を一つまみ程度入れた液に洗ったレバーを漬けて15分以上置きます。

    POINT

    ・牛乳には臭いを吸着する働きがあるのでしっかりと漬けます。レバーが牛乳臭くなることはないので安心

  3. 漬けている間にニンニク、ニンジン、玉ねぎ、セロリを小さめに刻んでフライパンで炒める。

    全体的に水分が抜けるまで弱火~中火でゆっくりと火を通します。

    POINT

    ・ニンジン、玉ねぎ、セロリをオリーブオイルで炒めることでコクの深みのある味わいを引き出すことができます。
    これをソフリットと呼び、イタリア料理などでよく使われます。

  4. 牛乳に漬けていたレバーをしっかりと水洗いします。

    POINT

    ・水が白く濁らなくなるまで何度も水を替えながら丁寧に洗いましょう。

  5. 3で炒めたフライパンを中火で加熱してレバー、白ワイン、ローリエ、バジルを加える。
    ふつふつする一歩手前で火を弱火にして、水分が8割程度飛ぶまで加熱する。

    POINT

    ・レバーに多く含まれるアラキドン酸という成分が100℃以上になると酸化して血生臭さの元の成分に変化していきます。火加減が不安なら、火の通ったレバーを一度とってから水分を飛ばせばOKです。

  6. 5が冷めたらローリエを取り除き、生クリーム、バターを加えミキシングする。
    ここで少し味見して最後に塩で味を調えます。
    しっかりと滑らかになったら保存容器に移して冷蔵庫で1時間以上冷やせば完成!
  7. 後は食べる分量だけ容器にもってお楽しみください。
    沢山作れるのでたっぷりと使えるのも最高!
    ※5日程度しか保存がきかないので作りすぎには注意。

まとめ

  • 丁寧な血抜きと温度に注意すれば臭みはほとんど抑えられる
  • たっぷり使えて贅沢な気分を味わえる

今回は鶏レバーのパテのレシピをご紹介させていただきました。
少し手間と時間はかかるけどそれに見合ったリターンは絶対にあります!
レバーパテが好きなら是非お試しあれ。

タイトルとURLをコピーしました