スポンサーリンク

食べるラー油アレンジレシピ、豚ひき肉と小松菜の和風パスタ

麺・粉もの

今回は食べるラー油のアレンジレシピ、豚ひき肉と小松菜の和風パスタについてご紹介します。

醤油ベースの味付けに食べるラー油が良いアクセントになってとっても美味しいんですよー

食べるラー油のレシピも当ブログで紹介しているのでよかったら合わせて読んでみてください。
もちろん、今回のレシピでも使っています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あげおくら納豆のレシピ

調理難易度
★★☆☆☆(比較的簡単)

材料調達難易度
★☆☆☆☆(スーパーならどこでも手に入る)

コスト
★★☆☆☆(1人前約300円)

調理時間目安
約20分

 

材料(2人分)

豚ひき肉    ・・・100g
小松菜     ・・・2株
しめじ     ・・・1株
食べるラー油  ・・・大さじ1
長ネギ(小ネギ)・・・1/2本(2本)
卵黄      ・・・2個
〇醤油     ・・・大さじ3
〇砂糖     ・・・大さじ1/2
パスタの麺   ・・・2人分
パスタのゆで汁 ・・・約100ml
唐辛子、ニンニク、山椒をお好みで

作る手順

  1. パスタを茹でる用の鍋に水を入れて火にかけて置く。
  2. 小松菜を適当な大きさに切る。
    長ネギ(小ネギ)をみじん切り(小口切り)にする。
    しめじの石づきを切り取って食べやすい大きさにバラしておく。
  3. フライパンに少量の油を敷いて中火で豚ひき肉を炒める。
    ある程度火が通ったらしめじを加えて軽く炒める。
    醤油、砂糖を加えて全体に味をなじませたら一度火を止める。

    POINT

    ・お好みで唐辛子やニンニクを入れたい場合は先に入れて少し加熱して香りを出してからひき肉を入れて一緒に炒める

  4. パスタのお湯が沸いたらパスタの麺を茹で始める。
    各パスタ麺の茹で時間の約1分30秒前程度になったら麺を取り出す。

    POINT

    ・パスタのゆで汁は少し多めに使う可能性もあるので150ml程とっておくと良い
    ・最後にフライパンでもパスタを加熱するので少し固めで取り出してOK
    ・取り出す直前にフライパンの火を強火でつけておく

  5. 茹で上がったパスタとゆで汁100ml、小松菜、食べるラー油をフライパンに入れて強火でフライパンを振りながら小松菜とパスタの麺を加熱する。
  6. 小松菜とパスタの麺が好みの硬さになったら皿にもって、卵黄、ネギ、海苔をトッピングすれば完成!
    食べるラー油アレンジレシピ 和風パスタ

食べるラー油は自分で作れば安く出来て気兼ねなく使えます!

炊き立てご飯の上はもちろん、麺類などにも相性バッチリの食べるラー油。

色んな料理に使えて毎日でも使いたいくらいですが、正直そんなに頻繁に使えるほど安くはありませんよね?

そこで、食べるラー油を自分で作ってしまいましょう!

市販の物の約1/3以下の値段で作ることが出来ますよ。

材料もわりと簡単に手に入りますし、作り方もとっても簡単なのでぜひ作ってみてください。

↓↓安くて美味しい食べるラー油のレシピはこちら↓↓

 

まとめ

で今回は豚ひき肉と小松菜の和風パスタのレシピを紹介させていただきました。

  • 食べるラー油が味、食感共に良いアクセントに!
  • 食べるラー油は自分で作れば安い!

食べるラー油がどうしてもない人はただのラー油でもいいですが、やはり食べるラー油のほうが味に深みが出て美味しくなるので、ぜひ食べるラー油を使って作ってみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました