スポンサーリンク

鶏むパサパサとは言わせない!?鶏むね肉のジューシー柔らか唐揚げ

鶏むね肉の唐揚げ おかず

鶏むね肉は安くて購入しやすい反面肉質がパサつきやすく、家族のひんしゅくをかうこともありますよね。

今回はそんな鶏むね肉をパサつかず、しっとりジューシーな唐揚げに変身させるレシピをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鶏もも肉の塩から揚げのレシピ

調理難易度
★★★☆☆(下味時間長め、揚げ油の温度を把握する必要あり)

材料調達難易度
★☆☆☆☆(スーパーならどこでも手に入る)

コスト
★☆☆☆☆(1人前約50円)

調理時間目安
約3時間(漬ける時間含む)

 

材料(2人分)

鶏むね肉    ・・・1枚
〇塩      ・・・3~5g
〇砂糖     ・・・3~5g
〇水      ・・・100
酒       ・・・大さじ1
ショウガ    ・・・少々
コショウ    ・・・少々
ネギの青い部分 ・・・1本分
片栗粉     ・・・約大さじ3

作る手順

  1. 鶏むね肉を一口大の大きさにカットします。
    ブライン液を作り、2時間以上むね肉を漬けておきます。
    ※水100mlに対して3~5%の食塩と砂糖を溶かしたものがブライン液になります。

    POINT

    ・この作業をすることで、鶏むね肉に水分をプラスさせてパサつきを防ぐことが出来ます。

  2. ブライン液から胸肉を取り出し、お酒、適当に切った長ネギの青い部分(ない場合はすりおろし玉ねぎ1/4でもOK)、すりおろしたショウガ、コショウにむね肉を30分程度漬けます。

    POINT

    ・下味+ネギの酵素で、むね肉の繊維を分解させ柔らかくする効果があります。

  3. むね肉を取り出してキッチンペーパーなどで表面の水分をしっかりと拭き取ります。
    片栗粉をさっとまぶして5分程度おいておきます。

    POINT

    ・粉をつけてすこし放置することで肉にしっかり粉が付き衣がはがれるのを防ぎます。

  4. 180°の油で約2分程度揚げて一度取り出します。
    5分程度おいて余熱で火を通します。
    次に220°前後の油で90秒程度揚げます。

    (写真は180°で一度揚げたもの)

    POINT

    ・片栗粉を薄めにつけうのがコツ。こうすることでカリっとした美味しい食感に仕上がります。
    ・2度揚げで余分に熱を入れず、パサつきを抑えます。

  5. 油を切ったらお皿に盛りつけて完成!
    鶏むね肉の唐揚げ

ひとくち食べると今までのパサパサのむね肉と違い、しっとり柔らかで肉汁がどんどん溢れてきますよ!

↓ブライン液の詳細記事はこちら↓

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は鶏むね肉のしっとり唐揚げのレシピを紹介させていただきました。

  • ブライン液の濃度と漬けおき時間はしっかり守ること
  • パサパサむね肉も、しっかり下処理すればしっとり美味しいお肉に変身

ブライン液に漬ければ、今まで食べてきたむね肉が嘘のようにしっとり柔らかに仕上がるので、唐揚げ以外も炒め物やチャーシューなどにもおつかいただけます。

少しだけ手間はふえますが基本放置してるだけなので、鶏むね肉を調理するさいは試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました