スポンサーリンク

【鶏の唐揚げレシピ】塩レモンを使ってさっぱり柔らかジューシーに!?

塩レモンを使った柔らかジューシーな唐揚げ おかず

定番おかずのから揚げ、いつも同じような味付けになりがちですが、塩レモンを加えることでコクと酸味がアップ。

熟成発酵した塩レモンが、ただのレモン果汁だけじゃ出せない味わいを出すことが出来ます。

さらにレモンに含まれる酵素の効果でお肉がしっとりジューシーに!

良いことづくめの塩レモン唐揚げをぜひお試しください。

↓塩レモンのレシピはこちら↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

塩レモン唐揚げ肉の塩から揚げのレシピ

調理難易度
★★★☆☆(揚げ油の温度を把握する必要あり)

材料調達難易度
★★★☆☆(事前に塩レモンを作っておく必要あり)

コスト
★★☆☆☆(1人前約200円)

調理時間目安
約60分(漬ける時間含む)

 

材料(2人分)


(※画像は4人分です)

鶏もも肉    ・・・1枚
〇塩レモン   ・・・大さじ1.5(塩分20%)
〇ニンニク   ・・・1カケ
〇ショウガ   ・・・少々
〇白ワイン   ・・・大さじ1
〇黒コショウ  ・・・適量
片栗粉

作る手順

  1. ニンニク、ショウガをすりおろしておきます。
    塩レモンを出来るだけ細かく刻んで、すりおろしたニンニクとショウガ、白ワイン、黒こしょうを混ぜて漬けダレを作っておきます。
  2. 鶏肉のスジや硬い部分、余分な脂を取り除いて、一口大の大きさにカットします。

    POINT

    ・この工程は出来るだけ丁寧に行いましょう。しっかり下処理できていないと下味が良くても残念食感で台無しになってしまいます。

  3. カットした鶏肉をボウルに入れ、1入れ軽くモミ込んでから冷蔵庫で30分以上漬けておきます。
  4. 漬かった鶏肉の表面についている余分な水分や、塩レモンの皮の部分をキッチンペーパーなどで取り除いて片栗粉をまぶし、5分程おいておきます。

    POINT

    ・出来るだけしっかりと水分を取り除きましょう。

  5. 180°の油で約2分揚げて、5分以上おいておきます。

    POINT

    ・油の中で火を通し切らずに余熱で火を通すことで柔らかく仕上がります。

  6. 200°の油で約1分半程度揚げ直します。
    ※個人的な好みで少し長めに揚げています。

    POINT

    ・高温で揚げ直すことで衣がカリっと仕上がります。

  7. 油をきったら盛りつけて完成!

まとめ

塩レモンを使った鶏の唐揚げを紹介しました。

  • 塩レモンの効果でさっぱりしっとりジューシーな唐揚げに
  • 冷めてもレモンのサッパリ感で美味しく食べれるのでお弁当のおかずにも◎

レモンが効いているので、ご飯のおかずになりにくいという方もいるかもしれません。そんな場合は出来上がった唐揚げに、少し醤油を垂らして貰えばご飯にも合う味になりますよ。

塩レモンがあれば比較的簡単にしっとり柔らかジューシーな唐揚げを作ることが出来きるのでぜひ作ってみてくださいね!

↓塩レモンのレシピはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました